This page:履歴書の書き方からはじめる面接対策Q&A TOP > ビジネスマナーQ&A > 好感のもてる表情やしぐさ > 人のハナシを聴く態度が大事

人のハナシを聴く態度が大事

お客さんとの対話

耳を使って「きく」という行為は、「聞く」と「聴く」があります。

好きな音楽を「聞く」「聴く」
先生の話を「聞く」「聴く」

あなたは、どちらでしょうか?

意味の違いはぜひとも、ご自信で調べてください。
調べたほうがより記憶に残りますからね。

そう、ここでは「人のハナシをよく聴く」という言葉を使います。

聴く態度というのは、とても大切です。
会話は、コトバのキャッチボールで、
自分のことだけを話していては会話が続きません。
聴いてもらっている、相づちを打ってもらったり、
大きく感心したり、興味も持ってくれたり、
何か反応をしてくれると、もっとハナシをしたくなります。
自分が話している時も、そうですよね。

興味のあることや解らないことは、その場で聞くのもいいですが、
その場でメモを取るのもいいですよ。
特に年配の方など、こんな態度を見せられると、
熱心だと、感心してくださるかと。(^^)

相手のハナシをより広げるのも自分次第です。
もっとうまくハナシを引き出せるように、
気持ちよくハナシができるように、聴き上手になりたいものですね。

ビジネスの場では、話すことばかり重要に思われますが、
聴くことをおろそかにしないようにしてくださいね。

cms agent template0035/0036 ver1.005