This page:履歴書の書き方からはじめる面接対策Q&A TOP > ビジネスマナーQ&A > お客様と接する時のマナー > 名刺の受け渡しはスマートに

名刺の受け渡しはスマートに

名刺を渡すビジネスマン

社会人になってはじめて持つビジネスアイテムが名刺ですね。

入社したかった会社の名刺が配られる瞬間って
社会人になったなぁとしみじみしてしまうものです。

最近では、自分の携帯番号やアドレスを書いた
自作の名刺を持っている人もいらっしゃるでしょうが、
渡し方、貰い方、どちらも細かいマナーがあります。
オマケに、出来て当たり前ですので、
仕事に出る前に練習して、一通り覚えておくと、
会社で新人指導を受ける時に、大きな差が出ますよ。(^^)

まず、名刺入れはぜひ、専用のものを用意しましょう。
胸ポケットに入る大きさで、10枚以上常備します。

名刺交換は、必ず立った姿勢で行います。
渡す時は、挨拶をしてから、右手で名乗りながら出します。
名刺入れを左手に持たない場合は、両手でお渡しします。

受け取り方は「頂戴します」と言って、両手で受け取ります。
会社名と名前を復唱するのですが、読み方が解らない時は、
この場で、もう一度聞いておきましょう。
そして、挨拶します。

名刺は自分もそうですが、相手の名刺も、その方のお顔同然です。
ただの紙であって、ただの紙ではありません。
会社名や名前を指で隠さないようにしてくださいね。
とにかく、大切に丁寧扱うことです。(^^)

昔、某県の知事に反発した県議員のとある人が、
挨拶を受けた時に、目の前で名刺を破りました。(>_<)
どんなに意にそぐわない、キライな人であっても
そんな悲しいことは止めてくださいね。

cms agent template0035/0036 ver1.005