This page:履歴書の書き方からはじめる面接対策Q&A TOP > ビジネスマナーQ&A > お客様と接する時のマナー > 名刺とその人を一致させる努力を

名刺とその人を一致させる努力を

名刺交換

某有名テーマパークのアトラクションで、
園内を回る小さなクラシックカーに乗った時のハナシです。

暗い夜に、それも雨が降る肌寒い日のことでした。
そんな中、その車の運転手さんが園内を案内しながら
私たちに言ったのです。

「私はね、一度乗ってくださった方のお名前とお顔は忘れませんよ」

本当なら、そんな状況の中なら、
誰でもが天候や寒さ、疲れ、1時間単位の行列、雨が降った不運に
イライラして、ブツクサとつぶやくのでしょうが、
結局、楽しかった想い出しか、残っていません。
本当かなぁと思いつつ、温かい人柄とこんな一言が心に残って、
それでもまた行きたいと、心に誓ってしまいました。

名刺交換でも、ビジネスでも
ぜひこの心がけを大切にしていただきたいのです。

一度名刺を交換したら、今度会った時は、
名前だけでなく、どんな方なのかできるだけ覚えておく
努力を惜しんではいけません。

一度もらった名刺を、相手にもう一度見せることはありません。
名刺の裏や余白に、日付と用件、ハナシの内容
どんな方だったのか、好みは、特徴は…など、
相手の情報や印象を、記憶が新しいうちに書き込んでおくのです。
名刺に直接記入したくないというならば、
ファイルしてメモを残してください。
必要な時に取り出して、使えるようにしておきましょう。

自分のことを些細なことほど覚えておいてもらえたら、
どんなに嬉しいことでしょう。

小さなことで、大きな差が出るポイントですよ。

cms agent template0035/0036 ver1.005