This page:履歴書の書き方からはじめる面接対策Q&A TOP > ビジネスマナーQ&A > お客様と接する時のマナー > 移動する時の上座・下座

移動する時の上座・下座

電車に乗るための電子マネー

どこでもいいじゃん…!!

なんて、シー!シーッ!!(^^;;
思っても、言わないのがオトナのビジネスマンですよ。

実は車や飛行機、電車での移動する場合も、上座・下座があります。

タクシーなどで運転手がいる場合は、
一番安全な運転手の後ろの席が上座になります。
助手席が下座になり、この席の人が支払いなどします。
しかし、自家用車の場合は、助手席が上座になります。

列車は飛行機の場合は、
進行方向に向かって、窓側の席が上座になります。
要は、景色が良く見える場所です。
並んで3席ある場合は、真ん中が下座です。

ただし、年配の方や着物を着ている人と同乗する場合に、
その方の乗り降りのしにくさや、
乗ってからおしりで奥に移動することなどに気配りをして、
先に乗ることを自分が奥に座ることは失礼ではありません。
その場合は申し出て、相手の方の意向を伺って下さいね。

コレ、日ごろから気にしていないと
シノプスがすぐに消えちゃいます。(^^;;
必ず、乗る前に上座、下座の確認をしておきましょうね。

cms agent template0035/0036 ver1.005