This page:履歴書の書き方からはじめる面接対策Q&A TOP > 職場で良き人間関係を築く > 職場の人間関係トラブル

職場の人間関係トラブル

実際に職場で起きた、よく聞く人間関係のトラブルの体験談を掲載しています。色々な職場、その仕事ならではのトラブルなども載せてあります。他人のフリみて我がフリを直していきましょう!

責任のなすりつけあいでケンカ

ゲームセンターで働いている方の体験談です。

ワタシたちはは店長を含めた店のスタッフ全員、非常に仲が良く、
いつも笑いが耐えない空間でした。

そんなある日、僕は遅番として夜の6時から入っていたのですが、
仕事先に着いてみるとなんか空気が悪い・・・

いつも仲の良い二人が、一言も喋らずにそっぽを向いて
カウンターに並んでいます。

もう一人いた早番のバイトに「あの二人なんかあったん?」と聞くと、
どうもミスでゲームの機械を壊してしまったという話です。

一人が機械を直しているときに解らなくなったことを
もう一人に聞きに言ったら、それを聞き間違えたのか、
本当に間違えたのかわかりませんが、重要な配線を
付け間違えてショートしてしまったんですね(^^;

それがまたクソ高い機械だったんですよ。ゲームセンターの
機械は安くて数十万〜高いモノになると数千万円の台もありますが、
数百万円する機械だったんですね。

しかもそれが当時、もっとも売り上げがあった機械のうちの
ひとつであり、壊したことに怖くなった二人が言い合いに
なってしまったワケです。

「オマエがアッチって、言ったやんけ!」
「アホか!オマエが聞き間違えたんじゃ!」

幸い二人のうちの一人が「オレが悪かった、怖くなって」と
謝ったことで問題は解決しましたが、一週間ぐらいは
喋らないまんまでしたね。

まさにゲームセンターならではのトラブルですね(^^;

男性が一人しか居ない職場

仕事で疲れる

ビデオレンタル屋さんで働いている方のお話です。

ワタシは男性スタッフとして早番として朝から入っていたのですが、
そのときのアルバイト、他のスタッフは全て女性でした。

「ハーレム状態ですね。うらやまし〜」

周りの友人はみんなクチを揃えてこう言いました。
いまこの内容を見ている男性の方もそう思っているかも
しれません・・・が!

現実は過酷でした。チカラ仕事や雑用の全てが自分に
回ってくるんですよ。

「店の中、全てのエアコンの掃除」
「重い荷物を運ぶ」
「アダルトビデオを返却しにいく(笑)」

真夏の暑い中、自分が外でエアコンのフィルターを一生懸命洗って
いるときに、女の子たちはエアコンが効いたカウンターで
楽しそうに喋っています。

汗水垂らしながら、筋肉痛になりながら、いらなくなった
ビデオや荷物を二回に運んでいる間、女の子たちはカウンターで
笑いながら喋っています。

女の子たちが返却に行くのをイヤがるので、どっさりと
たまったアダルトビデオを返却しに行きます。残っていると
自分が店長に怒られます

「コレがハーレムですか? 奴隷ですよね?(苦笑)」

女の子と付き合うだのど〜の以前に、カウンターで喋っている
だけの姿が正直ムカついて仕方が無かったです。

男ひとりだけしか居ないアルバイトは、まず100%チカラ仕事を
押し付けられると思っておきましょう。そういった雑用が好きな方
ならいいんですけどね・・・

うーん、周りが女性ばかりの仕事先だからと良いことばかり
じゃないんですね(笑)

派遣アルバイトが給料の違いで大モメ

サイフ

某大手企業の下請け工場で働いている方のお話です。

自分がある工場で配送の正社員をしていたときの話です。
ライン作業のオバチャンたちが、えらい剣幕で社員の人に
喰いかかっています。

なんだろう?と思いながらも、触らぬ神にタタリ無しという
言葉があるとおり、触れないでおこうと考えていましたが、
うっかり目があい、結局聞かされるハメに・・・

詳しく話を聞くと、どうも工場が新しく違う派遣会社から
パートを雇ったみたいなのですが、その新人の人たちに長年いる
派遣パートのおばちゃんたちが指導して欲しいという話でした。

どこにでもある話ですが、ここでひとつ大きな問題が・・・
それは新しく入ってきたパートのほうが、時給が高いんですよ!
しかも100円も違う!!

昔から居る人が750円なのに、新しく入ってきた人は850円
それなのに教えなければいけないと言ったら、そりゃパートは
納得がいかないから怒りますよね?

それをワタシたち社員が必死になだめていたわけです。

しかしパートたちの怒りは収まらない。ついには全員が辞める
と言い出しました。中にはイキオイで言っていた人もいるでしょうが、
本気でそう思っている人も居たはずです。

最終的には給料を同じにするという話でカタがつきましたが、
最初にモメているので、なかなか仲良くすることが出来ない
結局、新しく入ってきたパートは全員辞めていきました。

工場も派遣会社も考えればわかることなのにね・・・^^;

店長は同性愛者!?

古本屋で働いている方のお話です。

長い間働いて気に入っていた職場でした。本が好きだったのと、
店員だから本が安く買えるというのも魅力でした。

そんなある日、仲が良かった店長が独立することになり、
新しい店長が派遣されてきました。年齢は40歳前の独身で
チョビヒゲを生やした店長です。

妙にクネクネ歩いています・・・

周りの店員が「あの人、ホモなんじゃないの?」と笑って
言っていましたが、そのときはワタシも笑って聞いていました。
しかし、あるときシフトに変化が現れます。

「なんかオレ、妙に店長と一緒ばかりじゃねぇ?」

一ヶ月のうち早番、遅番グチャグチャに20日ぐらい
入っていたのですが、ピンポイントに同じなんですよ。
さらに僕が歩いて本を棚に入れにいくときに
後ろ姿をボ〜っとよく見られているんです。

よく見つめられている視線を感じるんですよ。
他のアルバイトに「彼は付き合っている子とかいるのかな?」
という危険な会話が!!

んで、メシを食べに行こうとか妙に誘われるようになり、
僕のことを嫌いなのかな?とかまで言い出す始末・・・

自分が思い込みすぎなだけなのかもしれませんが、
その店長との人間関係が苦痛になり、過去二番目に長い間続けていた
大好きだった仕事を辞めました。

同性愛でなかったとしても、苦痛は苦痛でした。

先輩によって言うことが違う

ある飲食店に入社たばかりのことです。
掃除の仕方について先輩に教えて貰いました。
言われたとおりに掃除をしていると、
違う先輩から「それは違う」と怒られました

「え?A先輩からこうやって教えて貰いましたが・・・」

当然こういったわけですが、口答えをしたことが
気に入らないのと、実はその先輩はA先輩と非常に
仲が悪かったんです。

そんなことを入店したばかりの僕が知るわけありません
しかし「アイツが間違っとんねん」と言われて、
その通りに掃除することにしました。

すると、そこにタイミング悪くA先輩が通りかかりました。
当然、順番が違う僕を見て怒るわけですね。

理由を話すと、予想通り返ってくる答えはB先輩と同じ。
アイツが間違っているといいます。完全に板ばさみ状態になり、
この仕事は嫌だな〜と思っていたら、その一週間後に
B先輩が辞めていきました。

そこで初めて、周りのバイト仲間から二人の仲が最悪だった
と聞かされたんですね。みんな気を使って大変だったようです。
どっちも悪い人どころか、良い人だったので、どっちにも
つけずに悩んでいた人は多かったみたいですね。

一人だけワンボックスカー

車のメーター

CDショップでアルバイトをしている方のお話です。

その店は閉店が夜の8時だったため、そのあとに、
みんなで遊びに出かける機会が多いアルバイトでした。

「みんなでカラオケ」
「みんなで居酒屋、飲み屋」
「遠出して、美味いラーメンを喰いに行く」
「ナンパに行く」

などなど、かなり楽しい職場であり、仲間でした
アルバイトに入っていない休みの子も、夜の8時には出てきて、
毎晩のように遊びに出かけていましたね。

そんなある日、一人のアルバイトが怒りを爆発させました
理由はいつも自分の車にみんなで乗っていくので、ガソリン代も
シャレにならね〜のに誰もガス代を払わないということです。

ケチだなと思う方もいるかも知れませんが、
現在は原油の高騰からガソリン代のリッターあたりの単価が
ついに150円を超えましたからね・・・かなりの負担です。

それなのに、どこに出かけるときも
毎回、ワンボックスカーに乗っていたH君の車でした。

それで誰もワリカンににしようとしないので怒ったんですね。
またみんながそんなにケチケチするなよ〜といったことで
更に激怒しました。

いま冷静になって考えると、時給750円のアルバイトでハイオク
のガソリン、ローンも残っている。ピリピリして当然ですね^^;

隣の店と仲が険悪

ショッピングモール内にある雑貨屋で働いている方のお話です。

ウチの隣がビデオレンタル屋さんだったんですね。壁の隔たりは
ありませんでした。

カウンターもすぐ隣でした、しかし・・・

「メチャクチャ仲が悪いっ!!」

同じ店内に居るのに、お互いに喋ったこともありません。
ワタシが働く前からそうだったようです。
両店の店長が仲が悪かったんですね。

それが働いている社員、パート、アルバイトにも
伝染することで、なんか伝統的な仲の悪さとなっていたようです。

向こうの店長が特にガラの悪いオヤジで、こっちのほうを
ジ〜っとガンを飛ばしてきたりするんですよね。
正直、大人気ないと思ったことも少なくありません。

しかしその視線が苦痛で辞めていくパートさんも続出して、
ついにガマンの出来なくなった店長が文句を言います。
店の奥に二人で入っていった後に一時間ぐらい経ってから
出てきました。

深い理由は知りませんが、ビデオレンタルの店長はその後
一週間後ぐらいに辞めていきましたね。何があったんだろう?
今でも気になることのひとつです。

ちなみにそのビデオレンタル屋は、その出来事の半年後ぐらいに
裏ビデオと言われる、違法ビデオが警察に見つかり閉店に
追い込まれていました^^;

まぁ、それが全てというわけではなく、普通に売り上げが
悪かったんでしょうね・・・

シフト制でひいき

お店

自分のチカラでがんばるアルバイトのお話です。

仕送りが無い学生のアルバイトにとって、アルバイトの日数は
生活に関わる死活問題となってきます。給料日前になると、
殺気だっている子も多かったですね^^

それなのにアルバイトのローテーションが、特定の人間だけ多く、
他の人間は少ない。これはムカつきますよね?

なぜかというと、店長が明らかにそのアルバイトの女の子に
好意を抱いていたんですよ。一緒に入っている時間が長すぎです。
んで、ほとんどの日に店長は居るわけですから、
当然その子ばかりがアルバイトに入る。

他の日にまるで邪魔モノ扱いのようにちょっとだけ入れられる
これが面白いわけがありません。結局それが理由で店長とモメて
その子は辞めていきました。

また、辞める前に大声で店長と付き合ってるんとちゃうか?
と言われたために、その女の子も意識するようになり、
怖がって辞めていきました^^;

店長としてはイマイチですよね?

店長からイヤガラセ

パン屋で働く方のお話です。

仕事自体も朝早くからということで、けっこう辛かったですが、
それよりも店長に嫌われていたことのほうが辛かったですね。

すぐにでも辞めたかったのですが、そのときに限って
またすぐにお金が必要な状況だったんですよ(^^;

バイクでコケて事故をしたことでお金が無かったんですね。
日々の生活もピーピーでした。強制的なダイエットで、
げっそりと痩せていたぐらいです^^;

なんで嫌われていたのかは、いまでもよくわかりませんが、
とにかく僕とは合わない店長でした。

すると何かと見張ってくるんですよ。ちょっとでも気を抜くと
すぐに怒声が飛んできます。手が空いているとサボっていると
イチャモンをつけられるイキオイです。

けどね、それにより一番、損をしたのは店長自身みたいです。
僕だけを理不尽に攻め立てているのを周りでみていた
女性スタッフたちが店長のことを嫌うようになっていたんですね。

その後のことを聞きましたが、スタッフ全員から店長が
無視されるようになって辞めていったらしいです。

結局、最終的に一番痛い目にあったのは店長みたいですね。

悪ノリもほとほどに・・・

レストランで働いている方のお話です。

ある日、女性が着替える更衣室のトビラが店員同士の
ケンカで壊れてしまいました。

直すのに本部に報告したり始末書を書かされたりして
いたので、なかなか直せなかったんですよ。
一ヶ月以上はカーテンで仕切っていただけでした。

そのカーテンの隙間から悪ノリで覗いていたYという
アルバイトが着替えている女性にバレました^^;

男性陣は爆笑していただけだったんですが、女性たちは
本気で怒っています。まぁまぁとなだめようとすると、
「アンタも覗いてるのとちゃうの?」と疑いをかけられます。

さすがに本気で怒っているのがわかり、男性陣は誰も助けられ
ませんでした。元からあまり女性スタッフから
好かれていなかったのも原因のひとつでしょうね

彼は結局、次の日から来なくなりました

マンガだったらモノが飛んできて終わりなのですが、
現実ではそうはいかなかったみたいですね^^;

悪ノリもほどほどにしておきましょうという見本です。

業者同士でのケンカ

建築現場

建設現場で働く方のお話です。

家の窓のワクをつける仕事をしていますが、
いままで何度も業者同士のケンカを目にしています。

その中でも一番辛かったのが、新築の家を建てている人たちと
モメるときです。コレがけっこう多いです。

新築の家を作るときって、色々な業者が集まってひとつの家を
完成させていくのです。するとひとつの業者が作業のミスをしたり、
クレームが来ると周りにも迷惑をかけてしまいます。

ある程度の譲り合いも大切です。自分のところだけを
終わらせようとして、作業場所を空けないタチの悪い人間も
中にはいました。

この窓をハメると仕事は、かなり最終局面の作業なので、
家を建てる予定日に追われている状況の場所に踏み込んでいく
ことが多かったんですよ。

もう周りの業者は迫る時間に追われてピリピリしています。
そんなとこでミスをして、何度もやり直したりすると、
当然、怒る人間も出るし、また親方が怒りやすかったんです。

おかげで何度かケンカに巻き込まれました。
昔と違い、いまは職人たちもだいぶと丸くなりましたが、
昔はしょっちゅうもめていました。

お年寄りと話をするのに苦戦

車の部品を作る下請けの工場の配送員のお話です。

自動車の部品は工場の中でラインで組み立てられるわけですが、
それよりも、もっと細かい部品を作ってくるのは、
内職をしてくれているお年寄りの方たちです。

育児の合間にやってくれている奥さんもいましたが、
基本的にはおばあちゃんが多かったですね。

みんな元気で良い人たちばかりでしたが、なかには
耳が遠かったり、新しい部品の話を説明するときには
メチャクチャ大変でした。

新しいパーツを説明に行くときは、かなりブルーです。
一日何人ものおばあちゃんたちに説明した後は、
声がかれていたぐらいですからね^^;

そして機嫌を損ねたりすると、また大変だったので、
お孫さんの自慢話などもイヤイヤ付き合ったりしなくては
いけない場合もありました。

アレを急いで運ばなくてはいけないのに、真夏日の炎天下の中、
延々と聞かされるとクタクタでしたね。

けど、こっそりアイスクリームをくれたり、畑で取れたトマトを
くれたりすることもあったので、イヤなことばかりでは無かったです^^

仕事自体は辛いと思いますが、やりがいも感じています。

edit

cms agent template0035/0036 ver1.005