This page:履歴書の書き方からはじめる面接対策Q&A TOP > 職場で良き人間関係を築く > お客さんとのモメごと

お客さんとのモメごと

サービス業、営業職といったお客さんと頻繁に会話する職業の場合、その気が無くてもお客さんとのトラブルが起きてしまうことがあります。実際に起きた体験談を掲載してあります。少しでも参考となる情報であれば幸いです。

酔っ払った客とのトラブル

飲み屋

スナックで働いているときの話です。
僕は厨房で酒のつまみをつくらされていました。
フルーツを切るのが難しくて、よく怒られましたね^^;

それはさておき、そのスナックはけっこう怖いお客さんも多く、
酔っ払ってからまれると、かなりキツかったですね。

客がムカついたり、怒ったりすると、怒りの矛先が必ず
コチラに向くんですよ。なぜならばさすがに酔っ払っていても
女性に手をあげたり、暴言を吐くような客はいませんでした。

すると残った場所が男性店員である僕に向くわけですね。
また小さいスナックだったので、オトコが僕だけしか
いなかったんですよ。

中にはチップをくれたり、優しいお客さんもいましたが、
特に悪酔いがキツイお客さんが耐えられなくて、二ヶ月ほどで
辞めちゃいました。

いまでも他の居酒屋に飲みに行ったときなどに、
他の客が店員とモメごとを起こしているのを見ると、
過去を思い出して、とてもブルーな気持ちになりますね^^;

お客さんと乱闘

パチンコ屋でアルバイトをしていたときの話です。
いまでこそパチンコ屋は若い女の子も入りやすい環境に
なってきていますが、少し前まではガラの悪い店もありましたね。

そして僕もそのガラの悪いパチンコ屋で働いていた
アルバイトのひとりでした。

見た目のガラの悪さはハンパじゃありません。
リーゼント、オールバックにパンチパーマしか居ない
店でしたからね。過去の武勇伝も凄まじいモノがありました。

カッコい〜!じゃなく、こっわ〜い!ってカンジです
顔では笑っていましたが、心の中ではドン引きでした
全く笑えない話ばかりです。

しかし、普段は優しく面白い人ばかりでした
そう、怒らせなければですが・・・

ある日、酔っ払った客が台の上の呼び出しボタンを何度も
押して店員Bをからかっていました。

最初は笑っていたBでしたが、4度目になると殺気だった
顔でコチラのほうに戻ってきます。そして5度目・・・

なぜかパチスロのメダルを入れる空箱を持って、
その客のところに行くB。

すると、なんの躊躇もなくその空箱で客の頭をチカラ強く
ブン殴ります。客の頭からは血がピュ〜っと噴出す。
焦って止めに行くと、すぐ我にかえりなんとか落ち着いた
と思っていたら、今度は客がブチ切れて文句を言う。

それに対してブチ切れたBは客の頭をつかみ
引きずっていきます。その先で客を寝転ばせて
片手でつかんだのは鉢植え。

「アレはマズイ!」必死で止める他の店員。

なんとか場は収まりましたが、その後、出かけていた
支配人が帰ってきます。起こった出来事を他の店員が報告
すると返ってきた答えは・・・

「おう、元気でええのう」

そのパチンコ屋はビーバップパチンコと呼ばれる店に
なりました。そして僕は怖くなった辞めました^^;

料理に髪の毛が入っていた

パスタ

パスタ屋さんで仕事をしていたときの話です。
ウェイトレスの女の子が出来上がったパスタを持っていくと
カップルの男が、何か叫んでいます。

「髪の毛が入っとるぞ!コラァ!」

ごく稀にあることなんで、あまり気にしたことが
ありませんでしたが、そのときはヒドかった。

いつもは「申し訳ございません。交換します」と言って、
お詫びにスープか何かをオマケにつけて終わりなんですが、
なんか、もっと誠意を見せろと騒いでいます。

ようはタダでメシを食わせろと騒いでいるわけです。
また仲裁に入った支配人がマズイ発言をしたのか、
益々ヒートアップしている様子・・・

周りの人の目もあり、彼女が恥ずかしいらしくて
止めているのを無視して支配人の胸ぐらを掴んでいます。
さすがにまずそうなのではと思っていたんですが
事態は急速に収まりを見せました。

彼女が泣きながら、外に走っていったんですね。
そりゃそうでしょう。多くの客の目の前で大恥を
かいているわけですからね。

結局、二人とも外に走っていきました。実は食い逃げ
なのではと思いましたが、ヒトクチも食べていなかったので、
何もしませんでした。というよりもかかわりになりたくない
といったほうが正解かもしれませんね。

しかしその数時間後、彼女のほうが泣いて目が腫れた顔で
わざわざ謝りに来て、料理の代金も置いていきました。
最低の彼氏ですね・・・

外国人のお客さんと言葉が通じない

外国人

レース場でドリンク販売の仕事をしていたときの話です。
とても楽しく刺激的なお仕事でしたが、ひとつ難点がありました。
大きなレースだと海外からのお客様が多いんですが・・・

「言葉が通じないことによるトラブルが続出!」

お金のお釣りを向こうが勘違いしているのだが、言葉が通じないので
かなりの時間を取られたり、2m以上もある金髪の男性から胸ぐらを
つかまれたこともあります。

可愛い女の子スタッフがナンパされたりしたこともあり、モメごとは
耐えなかったですね。しかしそれを有り余る楽しさもありました。

「可愛い女の子のアルバイトが多かった」

だから少々苦戦しても続けたんですね。何よりも彼女たちが
外人相手に困っているところに出て行くことでカッコをつけることが
出来るという大きなメリットもありました。

売り子の仕事自体は体力仕事だし、疲れましたが、
その後の飲み会や女の子と知り合うにはとてもステキなお仕事です。
カップルも続出していました(^^

edit

cms agent template0035/0036 ver1.005