This page:履歴書の書き方からはじめる面接対策Q&A TOP > こんなときはどうする? > 外資系企業の面接対策 > 外資系企業では面接時態度に注意

外資系企業では面接時態度に注意

考えるビジネスマン

外資系企業の面接時にとってはいけない誤解される態度に
ついて紹介します。

就職希望者の多くは、緊張のせいか、面接時知らず知らずのうちに、
消極的な印象を与えるしぐさやを繰り返しているのだそうです。
外資系企業の面接で、消極的な態度をとるのはマイナスです。

次のような態度は消極的であると誤解を与えてしまうので注意が必要です。
姿勢が悪いと不安そうで積極性のない人に見られます。

目を合わせないでいるのは、神経質で何かにおびえたり、
ごまかしたりしているよう人のように見られます。
また、面接中に足を組んで座ることも良い印象は与えません。

面接時には自分の動作や態度には特に気をつけて、
好印象を与えられるような態度を意識しましょう。

cms agent template0035/0036 ver1.005