This page:履歴書の書き方からはじめる面接対策Q&A TOP > こんなときはどうする? > 外資系企業の面接対策 > 外資系企業の面接時の質問

外資系企業の面接時の質問

外資系企業への面接の場合、就職希望者側が一方的に質問を受ける
ばかりでなく、面接官とコミュニケーションをとることが
ポイントとなります。

面接官が質問してくる中で、就職希望者のあなたからも
「なぜこのポジションの求人をしているのか」
「今まで成功してきた人は、どんなタイプの人であったか」など、
将来のビジョンを考える上で必要なことを、
何でも質問していきましょう。

外資系企業での面接では、研修や昇進についての質問も決して
失礼なことではありません。

むしろ、面接時に質問をするほうが、やる気を認められるくらいです。
日本企業と外資系企業では、面接に対しても就職に対しても、
とらえ方が違います。

受身にならず積極的な態度で望むことが、外資系企業への就職を
成功させるカギです。

日本人は謙虚な姿勢でいることを美徳としている部分が強いですが、
海外では積極性の強い人間を好む傾向が強いですね。

cms agent template0035/0036 ver1.005