This page:履歴書の書き方からはじめる面接対策Q&A TOP > こんなときはどうする? > 外資系企業の面接対策 > 外資系企業の面接時にマイナスの質問をしない

外資系企業の面接時にマイナスの質問をしない

外資系企業の面接では面接官からマイナスのイメージに
とられる質問は絶対に避けなければなりません!

外資系企業での面接では、給料・ボーナス・福利厚生・休日などに
関する質問は、マイナスイメージになりかねない質問なので、
まず避けたほうがいいでしょう。

このような質問は、仕事のオファーをもらってから、
必ず質問する機会があるからです。

特に海外にある企業であれば、契約書を見ずにサインをする
ことはないでしょうし、エージェントを通している場合は、
彼らを通して交渉することが出来ます。

また日本のように年齢や学歴によって年収を決めるという
考え方もありません。面接の時点で自分の有用さ・経験・価値を
うまくアピールすることで年収が決まります。

自分が経験したことのない業務が出来るかどうか聞かれた場合でも、
積極的な質問をすることでやる気をあらわせば、
それはプラスの質問になります。

まずは希望の外資系企業に気に入ってもらうこと、
オファーをもらうことを念頭に、面接の質問内容を
考えておくことです。

cms agent template0035/0036 ver1.005