This page:履歴書の書き方からはじめる面接対策Q&A TOP > こんなときはどうする? > 外資系企業の面接対策 > 外資系企業の電話でのインタビュー面接のコツ

外資系企業の電話でのインタビュー面接のコツ

日本に居ながら海外にある外資系企業への就職を希望する際、
直接面接の変わりに、本社からの電話インタビューが行われます。

この電話インタビューでの面接を成功させるための
裏技を紹介しますので、外資系企業への就職に役立ててください。

電話インタビューでは、相手にこちらの様子が見えないということを
最大限に利用するのがコツです。

対面式の面接では決してできないことですが、電話がかかる前に、
自分の資料を見やすいように並べておきます。

このとき注意しないといけないのは、紙を重ねないで並べておくことです。
まとめて積んでおくと、質問を受け、それに対する答えを探す時、
ばさばさと紙をめくる音が電話で相手に聞こえてしまいます。

そして、自分が書いた履歴書に書かれている内容は、必ず質問されますので、
履歴書を目の前に置くことも忘れないで下さい。

集めた資料のまる読みは、相手に気付かれてしまいます。
あくまでも資料は見出しのつもりで、後は自分の言葉で話します。

また顔が見えない分、声でイメージアップを図るために、
声のトーンは明るくポジティブに話すように意識しましょう。

最後に質問はないか聞かれるますので、必ず何か質問を用意しておきます。
積極的な姿勢が、外資系企業への好感度をあげる鉄則です。
そして最後に必ず、インタビューの時間を作って頂いたことに
対するお礼を言いましょう。

cms agent template0035/0036 ver1.005