This page:履歴書の書き方からはじめる面接対策Q&A TOP > こんなときはどうする? > よく聞く悩みと疑問点 > 圧迫面接?それともイヤガラセ?

圧迫面接?それともイヤガラセ?

圧迫面接

「面接でものすごくイヤガラセを受けた」
「誹謗中傷的なことを言われた」
「明らかにパワハラ・セクハラだっ!!」

圧迫面接とはその名のとおりなのですが、面接を受けに来ている
受験者に対して、わざとイジワル、もしくは威圧的な質問を
することで、その受け答えを評価する面接技法です。

圧迫面接が特に用いられたのが営業職への就職希望者です。
顧客、取引先からのクレームにちゃんと対処できるのかどうかを
確認するための名目で行われていました。

しかし、この圧迫面接は1990年代にパワハラ、セクハラと同じ扱いで
社会問題まで発展したので、現在ではこの面接方法を取っている
企業は少ないのでは無いでしょうか?

なぜならば、そのような面接を受けたヒトがネットの掲示板などで
怒りのカキコミなどを行うことからマイナスイメージがついてしまう
危険性のほうがはるかに高いからです。

しかし、実際には現在でも圧迫面接と感じさせる、もしくは誤解を
産むような面接方法を取っている企業もあるようです。

個人も企業もどちらにとってもデメリットしか無いんですけどね。

cms agent template0035/0036 ver1.005