This page:履歴書の書き方からはじめる面接対策Q&A TOP > こんなときはどうする? > ニートの面接対策

ニートの面接対策

年々、増え続けているニート。ようは無職で働いていないヒトたちが社会復帰するためにはどうすれば良いのか?長い間、ニートをしたいたことによる面接時の注意点はあるのか?当カテゴリの情報が少しでもニート支援の手助けとなれば幸いです。

ニートで30歳を超えていても就職できる?

ニート

「もう30歳を超えているし就職なんて出来るのだろうか?」

周りからよく聞く意見であるし、高校のときの友人が
同じ状態にハマっています。

彼はパチンコ、パチスロで勝ったお金で生活するという、
いわゆるパチプロをしていたら、いつの間にかズルズルと年月が経ち、
30歳を超えてしまっていたんです。

毎日、不安でたまらないらしいのですが、いまさら自分のような
人間を使ってくれる企業がいないだろうと諦めて、
いまもパチプロ生活を続けています。

では、実際のトコロどうなのか?というと、就職できないことは
無いでしょう。

本気で就職活動、どんなツライ仕事でもやる覚悟があれば、
ハローワーク、ジョブカフェなどに相談しに行けば、
見つかるでしょう。

ジョブカフェ
http://www.jobcafe-sc.jp/

ハローワーク
http://www.hellowork.go.jp/

ただ、彼のように「自分はもうダメだ」と諦めており、就職先を探す
ことも放棄している状態だとさすがに見つからないでしょう。
待っていたら、就職先が舞い込んで来るといったことは、
まずありませんからね・・・。

無職の期間は面接で100%聞かれる?

無職・・・昔ならばプータロー、現在であればニートと
呼ぶのでしょうか?

面接時にはハッキリ言って、この無職であった期間に対しての
質問は100%されるものだと思っておいてください

「この●●年から××年の間が空白になっていますが、
この間は何をされていたのでしょうか?」

履歴書の経歴部分、学歴、職歴のトコロで、
空白の期間があるとまず100%どの面接官からもこういった
質問を受けることになります。

もし何も聞かれずにそのまま「合格」になるとしたら、
よっぽどその会社に人材が不足しているんでしょう。
バブル期の会社ではよくありました。

もう、誰にでも答えられるような内容の試験をカタチだけ出して、
あとは合格通知を送るだけとかですね。

ワタシの友人には、小学校の低学年レベルの算数のテストを
筆記試験としてやらされて驚いたそうです(笑)

あともうひとつの例外として、最初から何人ものクビを切る気で
片っ端から合格させている企業というのもあります。

主に営業を主とする仕事が多いですね。
学歴、職歴など関係なく、実際に訪問販売や営業をさせてみて、
成果を挙げられるヒトだけを残していく。

営業を主体とした会社ではホント多いですね。
逆に言えば、結果さえ出せば学歴関係なく給料を上げてくれたり、
年齢問わず出世させてくれる企業も少なくありません。

無職の期間に対しての質疑応答は?

無職だったときに何をやっていたのか?という質問を面接では
まず確実に聞かれることになりますが・・・

あえて飾る必要はありません。そこまで具体的にネチネチと
聞かれることのほうが少ないのでは無いでしょうか?
これから先どうしたいのか?ということを重視している人事担当者の
ほうが多いはずですからね。

その期間を自分を見つめなおす期間としてどのように
生きてきたのか?ということを素直に話されてはいかがでしょう?
逆に絶対にやってはいけないのが「ウソをつくこと」です。

親はピンピンしているのに、親の病気の看病をしたいたとか、
資格の勉強なんて全くしていないのに、資格の勉強をしていた
といったウソですね。

人事担当に良い印象を与えようとしてもウソがバレたら最悪です。
もし、面接時にはバレなかったとしても、その後入社してから
バレたらより最悪です。

無理にウソをついてまでムリヤリ入社するよりも、飾らない自分でも
受け入れてくれる企業を探していきましょう!

空元気でもいいからニートでも自信を持つ!

ガッツポーズ

現在、ニート、ネットカフェ難民など働かない若者たちといって
ニュースやワイドショーで取り上げられることは多いです。
コンビニに並んでいる本や雑誌を見ていて、ニートという言葉を
見ないほうが少ないぐらいじゃないですかね?

ハッキリ言って、あまり良い風には書かれていません。

その影響もあるのか、自分が無職である、ニート、フリーターである
経歴が長い方ほど「自分はダメ人間」だと決めつけてしまい、
卑屈になっている傾向が強いですね。

面接をしていると「こんなワタシですが・・・」といった
自信の無さがにじみ出ている発言を繰り返す方もいます。
いまの社会の風潮上、当然と言えば当然なのかもしれません。

しかし中には長い間、無職だったのにも関わらず自信たっぷりに
面接に現れる方も居ます。

そういった自信たっぷりの方はやっぱり話していても
コチラとして気持ちがいいですね。

逆にスゴイ高学歴で沢山の資格も持っているのに、妙に自信が無い
カンジがするとやっぱりその分、印象は下がってしまうこともあります。
空元気でもいいので面接時には自信満々で話しましょう!

それだけでも印象はだいぶと変わってきます。

edit

cms agent template0035/0036 ver1.005