This page:履歴書の書き方からはじめる面接対策Q&A TOP > 面接の対策Q&A > 実践!面接はこうして乗り越える > 解らないと答えるのは許される?

解らないと答えるのは許される?

面接では、自分の知らないこと、解らないことを
聞かれることも、もちろんあります。

そんなときこそ、自分の真価が計られると意識してくださいね。

相手の質問の内容がよく解らない時は、素直に聞きなおしましょう。
曖昧にごまかすような態度をとってはいけません。
この時「質問の意味が解らない」と伝えるだけでなく、
「自分はこう捉えましたが」と
自分なりの解釈を付け加えると好印象を得られます。

回答すべきことが解らない場合は
「不勉強で解りません、帰って勉強しなおします。」と
解らないことを隠さず、謙虚に言うことです。

当たり前の社会常識ならば、
知っていないと恥ずかしいこともありますが、
勉強すればよいだけのことです。
それより、解らないなら解らないと、ハッキリ認める勇気が大切です。

そして、また同じ質問をされた時には、必ず答えられるように、
しっかり知識を身につけておきましょうね。

cms agent template0035/0036 ver1.005