This page:履歴書の書き方からはじめる面接対策Q&A TOP > 書類の書き方Q&A > 数あるその他必要書類の書き方

数あるその他必要書類の書き方

就職、転職活動で必要な書類は履歴書、職務経歴書、エントリーシートだけではありません。入社希望申告書、セミナーアンケート、健康診断書、礼状、送り状、会社訪問カードなどの書き方についての注意点とアドバイス

入社希望申告書

ビジネスマン

全ての企業で必要となる書類ではありませんが、
一部企業のみ会社訪問カードの代わりに、
この入社希望書の記入を求められます。

会社ごとに項目やフォーマットが違うため、
どのような内容を記入すればいいのかは、
その場で判断することになりますが、
基本的に、履歴書や会社訪問カードの内容を
より詳しくしたような雰囲気です。

カンタンに言わないでよ!

ですって…(^^;; そうですよね。

こういったものをその場で書くには、
企業分析をあらかじめしっかり行っておくことです。
その上で、ある程度予想を立てておくこと、
自分なりの意見を持って、述べられるようにしておきましょう。

政治や事件など関心のある出来事や、
愛読書などを問われるケースもありますので、
社会情勢にも目を向けて、新聞などにも目を通しておくと、
思わぬ質問にも対応し易いですよ。(^^) 

資料請求ハガキ

資料請求カード、資料請求ハガキというコトバはご存知でしょうか?
最近ではインターネットが普及して、
下火になってきているかもしれません。
場合によっては必要になりますので、
記入方法、請求方法をご紹介しておきますね。

ここで言う「資料請求」というのは、
「会社案内を請求する」という意味になります。
インターネットが使えない場合は電話でもいいのですが、
ハガキを使った請求のほうが印象がいいと言われています。

ハガキは、求人誌や、就職部にあるもので十分です。
そういったものがない場合は、官製はがきに手書きします。

記入する内容は名前、住所、大学名などの個人情報と
、資料を送ってもらいたい旨を丁寧に記入すること。
宛名も「行」を「御中」に直すなどの、
当たり前のマナーは必ずチェックしてくださいね。

最近ではインターネットによるエントリーや、
会社案内閲覧も一般的になってきましたが、
やはり会社が作成している会社案内は、
企業研究に非常に有効なツールとなります。
作戦を練るためにも、ぜひ手に入れてくださいね。

セミナーアンケート

セミナーアンケート

セミナーアンケートとは、企業セミナーに参加した時に
その場で記入するアンケートで、ぶっつけ本番の書類です。

内容も、セミナーで受けた説明に関する感想を述べたり、
参加の理由、会社への要望、会社に対する印象など、
その企業に対する意見を記入する内容が主になりますので、
普段の企業研究と、当日のセミナーへの関心が
大きく左右すると言えるでしょう。

企業セミナーは、複数の企業が合同で開催するものの他に
企業が独自に開くものとあります。

特に企業が独自で開くものは、就職選考の一部と
位置づけされていることがほとんどですので、
入社を希望する場合は、セミナーへの参加は必須となります。
セミナーでハナシを聞く態度、服装なども
きちんとチェックされていますので、気を抜けないように。

セミナーでは履歴書の提出を求められることもありますので
提出できる履歴書も準備しておくと安心ですよ。

会社訪問カード

会社訪問

どのような会社なのか一度見てみなくては解らない、
これも当然の意見ですよね。

オフィスの様子や仕事内容など、
社内の雰囲気を実際に見て、感じることで、
こんなものか〜と思ったり、よりやる気がでたりもします。

百聞は一見にしかずといいますものね。(^^) 

会社訪問は、会社が開催する場合もありますし、
自分でアポイントを取って、時間を割いてもらうなど、
カタチは企業によって大きく異なります。

その際、記入する書類が会社訪問カードです。

内容は、企業ごとに違いますが、
基本的に住所や氏名などの個人情報で、
会社側が情報収集に使うようなものと考えてよいでしょう。
志望動機ややってみたい仕事なども
問われる場合がありますので、企業研究は必須ですよ。

もうひとつ、注意したいのは、履歴書との整合性です。
趣味や特技など、全く違うものを書かないように
自分が何を書いたかは、しっかり把握しておいてくださいね。

健康診断書

健康診断書

健康診断書は、自分で記入するものではないのですが、
提出日に間に合うようにキチンと準備しておきましょう。

ことためには、学校の定期検診を受けておきましょう。
格安ですし、書類の請求も学校に行えばいいわけですから
一番カンタンな方法です。

学校で受けていない、就職浪人をしていたなど、
学校で受けられなかった場合は、
保健所や病院で健康診断を受けることになります。
ただし、健康診断が毎日行われているかというとそうでもなく、
費用も、時間もかかることがほとんどです。
提出スケジュールはくれぐれも間違わないようにしましょう。

健康診断書を取るために健康を維持することも大切ですが、
就職活動中は、忙しく、気も使いますし、
ストレスが溜まり易くなります。
十分に体調には気をつけて、特に面接やセミナーの朝は
朝食をしっかり摂って、頑張りましょうね。

礼状

礼状

社会のマナーとして、礼状と言うものがあります。

慣れないうちは照れくさいものかもしれないですし、
ちょっと面倒なのですが、人間関係を円滑に築くための
ひとつの手段としてとらえてくださいね。

内容も、特別なことを書く必要はありません。
挨拶文はありがちな定型文を並べても構わないのです。

とにかく、お礼の気持ちを出すか出さないかで、
お礼をされる側の企業での評価に差が出ますので、
タイミングを逃さないようにお礼状を出してください。

一般的には、ハガキなどを使って手紙で送ります。
面倒でも手書きが、大量生産していない感じがして好まれます。

最近ではメールでのやりとりも頻繁に行われていますので
ケースバイケースで、メールの使用もOKです。
ただし、携帯メールで絵文字を使ったり、
顔文字を使ったり、馴れ馴れしいものは厳禁ですよ。

送り状(添え状)

エントリーシートや履歴書などを企業に送る際に、
それだけを送っていいのかどうかも迷うものですよね。
FAX送信シートと言うものがありますが、
それと同じく、1枚添え状をつけるのが一般的です。

そのままだと失礼にあたるという人もいますので
カバーシートはつけたほうが無難です。

履歴書と重複しますが、住所、氏名、学校名、学部名など記入し、
何を同封したのかなど記入して、自己PRを少々さりげなく、
そして、よろしくお願いしますと一筆添えます。

文例は一般的なビジネスレターを参考にします。
これは、何百通も処理をする採用担当者の手間を考え、
簡素にまとめたほうがベターと言うことですね。

添え状は、一般的に手書きが好まれます。

書類の送り方ですが、普通郵便で構いません。
しかしながら、大切な書類を送るわけですから、
無事届くのか、受け取ってもらったのか、気にもなりますよね。
そんな時は、配達記録をつけることをオススメします。
追跡もできますし、失礼に当たる事にもなりませんよ。

edit

cms agent template0035/0036 ver1.005