This page:履歴書の書き方からはじめる面接対策Q&A TOP > 書類の書き方Q&A > 履歴書の基本的な項目の書き方 > 「印鑑」のモノや値段は関係ない

「印鑑」のモノや値段は関係ない

印鑑

意外に、そう、書くことに心血を注いで、忘れがちなのが印鑑…。

随分サインが通るようにもなっていましたが、
日本は、相変わらず印鑑社会ですよね。
履歴書にもモチロン印鑑を押すところがあります。

あ、そういえば雑学なのですが、
ハンコじゃないんですって、印鑑なんですって。
印鑑は、鑑定の鑑っていう文字が入るでしょう?
ソコがハンコとの違いなんだって、
高級印鑑を売りに来た行商の人に、私、熱く語られました。(笑

ま、納得なんですけど。(大丈夫、買ってないですよ〜笑)

それで、その行商のオジサンの話ではないですが、
印鑑はキリッと押せなくてはいけません。
日本では印鑑が絶対的な信用をもっているもので、
それがキレイに押されていないと、
イマイチまじめさが伝わらない、ものなのです。

これは、高級印鑑を使え、実印を使えということでは全くないです。
ダメなのは、欠けていたり(これは実際に不吉だそうです)
痛んでいたり、作りが雑すぎてキレイに押せないもの。

とにかく、キレイに押せるものを使いましょう。
100円ショップで売っている三文判で十分です。

もうひとつ、印鑑を押すために必要な朱肉も結構重要です。
かすれていたり、キレイな朱色が出ないものは避けて
キレイにインクが付くものを使ってくださいね。

cms agent template0035/0036 ver1.005